雪国黄精の
佐渡・佐和田所有地への楽しい観光旅行と管理作業
令和元年6月、8月

 平成29年に当研究所では佐渡市佐和田(さわた)地内に宅地を購入しました。
 現在は土地の利用について構想中です。
 生まれも育ちも妙高のひどい山間部である私にとっては、雪の積もらない地方、そして海沿いという場所に自分の土地を持つことが夢でした。
 佐和田は佐渡市でも若年層の居住者が増加している地域で、私の所有地は街中にあり、砂浜まで歩いて1分、水質の良さで人気があり佐渡トライアスロンの出発地に指定されている佐和田海水浴場までは歩いて4分という恵まれたロケーションにあります。
 佐和田地区は両津港及び小木港と相川の金鉱を結ぶ交通の要衝で、港とを結ぶバスは一日何本も発着しており、港からここまで来るのに車は必要ありません。
 平成30年には、道路沿いに雑草張出防止のためのブロック貼りを施工しました。それでも夏場は雑草が繁茂するため、旅行を兼ねて土地の管理作業に行くのが私の年中行事になっています。今年は6月と8月の既に2回、海水浴とキャンプを楽しみながら除草作業に出掛けました。

 画像に写っている集合住宅は、ドエルサワタという佐渡でも数少ないマンションで、築40年が経過し今後取り壊されるらしい(住民談)です。うまく改修を行って寿命を伸ばせないものでしょうか。


 これが佐和田海水浴場です。8月17日に訪れたこの日は台風通過後で高いうねりが発生し、海水浴は禁止となりビジターの姿は見られませんでした。
 佐和田海水浴場は佐渡市最大の海水浴場で、佐渡一周トライアスロンやロングスイム大会などのスポーツイベントの開催地であり、真野湾という自然の防波堤に包まれ、遠浅で波の穏やかな所です。海岸の整備状況は非常に良く、シャワールームと冷房の効いた休憩所も無料で利用可能で、海水浴シーズンやイベント開催時は周辺の宿泊施設及び近くのオートキャンプ場も予約が満杯になる程の賑わいとなり、夏の佐渡を楽しむ旅行客ならば是非利用したくなることでしょう。
 私は、早朝や夕暮れの涼しい時に何度もこの海水浴所に来て、東屋や砂浜で読書などを楽しみました。涼風と波の音が心を安らげ、いつまでも滞在したくなるのです。

 ドエルサワタは奥の方に見えます。


 佐和田地区は佐渡島内で最も商業施設の充実した所で、スーパーマーケットや家電量販店、パワーセンター級のホームセンター、ドラッグストアー、リサイクルショップ、大型書店、大手の衣料品店、コンビニ、飲食店などが集中的に出店し、不自由の無い生活ができます。
 私が佐渡に来て驚いたのは、島民の旺盛な食料品購買意欲です。
 休日昼は飲食店に行列ができている所が目立ちますし、この画像は佐和田にある佐渡セントラルタウンという大型ショッピングセンター内のスーパーマーケット内の12:00頃の売場です。
 私の住む新潟県上越地方でもスーパーは数多く出店していますが、この画像のような寿司や弁当類は平面的に陳列されているのみです。ところが佐渡では商品が何段にも積み重ねられており、驚かずにはいられませんでした。これはまだマシな方で、ほかのスーパーでは弁当や総菜が10段程度に積まれているところもあります。
それだけ購入客が多く販売する側も採算が合うということを意味しているのです。
 私も、ここで食品やビールを買い込み、夜の佐和田海水浴場で波の音を聞きながら時の流れを忘れて飲食を楽しみました。

 如何でしたか。夏の佐渡でキャンプや海水浴を楽しむならば、金を掛けても一等地の佐和田を狙う価値はあります。スーパーマーケットには旅行客用のお土産を豊富に扱うコーナーもあります。観光は佐渡を是非お薦めします。

佐渡でお世話になった方々 (感謝申し上げると共にリンクを張ります。)
 ㈱萩田換地  (佐和田の土地購入の媒介をしていただきました。)
 かね長旅館  (佐和田海水浴場から目と鼻の先にある。6月に宿泊させていただきました。今後もよろしくお願いします。)
 餃子の恵比寿  (餃子がうまい。ラーメンは私の好きなあっさり味。いつも徒歩で通っているので生ビールが欠かせない。現在佐渡で最高と判断している飲食店。)

ホームページに戻る